BuchoLOG Global

シンガポール駐在員の英語習得の取り組みやあまり知られていない海外情報を伝えるブログ

社会人の英語勉強法!手当たり次第に学習しても無駄!「選択と集中」が大事である!

f:id:bucholog:20180216215006j:plain

この記事は、社会人の英語勉強法!英語能力の向上に役立つ英語資格試験を評価をした!の続編になります。

TOEICのスコアを引き上げようとする努力は一切しない

理由は、毎月受験できない環境あることもあるのだが、むしろそれよりも、今から860点以上のスコアと取れるように努力したとしても、決して話せるようにはならないと悟ったからです。

話せるようになり、聞けるようになり、その結果TOEICを力試しで受けたときにハイスコアが出ればよいと思います。

なんでわざわざ「TOEIC目標は除外する」ってことを宣言しているかというと、それは色々なTOEIC情報を見聞きすると、どうしても自分の考えが一瞬揺らぐからです。

さらにその理由を掘り下げると、730点以上を記録していない自分にコンプレックスがあるからです。

ハイスコアとっている人を見聞きすると、すごいなーって思い心が揺れます。本当に。

リライト追記:最近は900以上で、「まーやるなー」って感覚に変わってます。

なんども気合入れて、ハイスコアを目指すことも考えましたけど、もう今の自分にとってTOECIのハイスコアは全く役に立たないと思っています。

なぜなら、英語ができない新入社員のころから、海外業務に携わることが多く、英語を使わざるをえない環境で仕事をしていますからね。

そして、「英語が得意ではないから」「TOEICで730以上を記録したことがないから」という理由で会社生活において不利な待遇を受けたこともなく。

英語をコミュニケーションのツールとして、仕事もしっかりできていたと思います。

海外勤務というのは、希望して行くものではなく、今では自分が望まなくても送り込まれるものとさえ思っています。

しかし、他の人のようにペラペラ話せないことは問題視しているます!

英語ネイティブスピーカーの中で、わたしだけが流暢に話せない。

とにかく口が回るように、言い合いができるように、怒涛の会話の流れに負けないように、「話す」訓練を中心に実施していこうと思います。

このように考えて

「Speaking」の能力向上

を心に決めました。

今の自分のやっていることのひとつと合致しています。

時間が潤沢にあれば4技能の向上を目指すのですが、限りある時間リソースですので、ひとつないしはふたつに絞って習得するのがよいですね。

スピーキングとライティングを始めるきっかけをまとめています。
Engish Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒させる試みを開始しています!

英作文添削サイト「Fruitful English(FE:フルーツフルイングリッシュ)」のいいところ、悪いところをまとめてみました!

ではでは!