BuchoLOG Global

シンガポール駐在員の英語習得の取り組みやあまり知られていない海外情報を伝えるブログ

ついにTwitterで発信する日が来た!

f:id:bucholog:20180411223834p:plain

以前この記事の中で、「挨拶まわりをしながらの読者獲得はひとまず止めておこう」と書きました。 はてなブログ開始1.5ヶ月経過!相変わらずPVが増えない理由を考えてみた!

えーー-、少しだけチェンジマインドしました。

Twitterの解禁です。

わたしの元来のTwitterの印象は、

・適当にしょうもないことをつぶやくもの
・誹謗中傷のための道具である

でした。

ですから、そんなものは使わないと決めてました。

しかし、最近いろいろなブログの勉強していくうちにTwitterというのは良いツールなのではないかと思い始めました。

そこで何人か好きな人のフォローをはじめてその内容をフォローしていくと、非常に有益な情報がガンガンと飛んでくることがわかりました。

彼らはプロブロガー(もしくはセミプロブロガー)なので、いつでも情報発信してきます。

道具は使い方次第なんだなと思いました。


さてさて、わたしにはこのような使い方ができないにしても、少しは有益な使い方ができるのではないかと考え始めました。

わたしは基本的に、WEB上の掲示板や不特定多数の集まるコミュニティに自分の発言を書き込むことが大の苦手で、かつ怖いのです。

ですからアカウント取得後も、何も発信せず読むこと専門でやってきました。

ブログのように何か目についた人だけが見てくれるようなところだと何とか意見を書くことができます。(自分のプラットホームだからという理由もあります。)

そして、今も粛々とブログを書き続けています。

しかし、やはりブログは読んでもらう努力をしないといけないなと気づきました。
そこで、まじで今更ですが、ブログで書いたことをTwitterで発信し、はてなブログだけでなく、少しでも誰かの目に触れる機会を作ってみようと考えました。

検索経由での流入は、まだまだハードルが高いですし。

今回の試みは、Twitter経由のアクセスがゼロだとしても、何にも失うことはなく、失敗もないのでよい挑戦だと思えるようになりました。

たかがTwitterで発信するよって話なんですが、これくらいは書くほど、わたしにとっては大きな変化なのです。


おっと、強いて失敗をあげるならば、わたしのプロフィール欄がつまらなすぎて、去っていくことですね。

特に詳細部分のプロフィールは今自分が読むとなんとも味気ないと感じていますので、追々加筆修正することにします。

ではでは!