BuchoLOG Global

シンガポール駐在員の英語習得の取り組みやあまり知られていない海外情報を伝えるブログ

ダイバーシティ職場での不快な職場環境を改善する方法(導入編)

f:id:bucholog:20180220204133j:plain

職場には、シンガポーリアン、マレーシアン、インディアン、フィリピーノ(ナ)、チャイニーズ、そしてわたし、ジャパニーズがいます。

仕事部屋はいくつかに分かれておりまして、10人近くが利用する大きな部屋と個室があります。

Managerクラスは基本的に個人部屋があてがわれるわけですが、わたしには、赴任時に余り部屋がなかったこともあり、4人部屋があてがわれました。

このようなManagerクラスで個室というのは、日本ではなかなかありませんが、こちらでは当たり前のことのようです。

さて、わたしの部屋には、Mr. Jというフィリピーノがおりまして、特別な事情がない限り、わたしと彼のふたりで仕事しています。

単に同じ部屋を使っているだけで、業務上のつながり、いや上司部下の関係ではございません。

このちょっとした閉鎖空間で、いや、こんなせまい環境だからか、今まで日本では経験したことのない思いをいくつかしました。

とっても不快だったので誰かに言いたい・・・・。

けども、言って大丈夫かな?

そもそも、こう思う自分がおかしいのかな?

これはわたしが日本人だからそう思うのかな?

他の国民ならそう思わないのかな?

自分が我慢すればいいのかな?

様々の思いと奮闘したエピソードをお伝えし、もしも同じ環境にいらっしゃる方がいれば、何かの役に立てば思いまして、短編シリーズをつづることにしました。

それでは、続編に続きます。 ダイバーシティ職場での不快な職場環境を改善する方法(Mr.Jのげっぷ前編)

ではでは。