BuchoLOG Global

シンガポール駐在員の英語習得の取り組みやあまり知られていない海外情報を伝えるブログ

毎日英作文!Vol.18「~してるはずだよ」という日本文は「must + 現在形」ではなく「must have + 過去分詞」で訳すべし!

f:id:bucholog:20180216215007j:plain

Fruitful Englishの添削結果から学びをシェアするシリーズ Vol.18

www.bucholog.com

英作文のフルーツフルイングリッシュ英作文のフルーツフルイングリッシュ


みなさん、こんばんはー。
Fruitful Englishの英作文でWritingのスキルアップを目論むシンガポール駐在中のぶちょーでございます。

本シリーズVol.18です。
今日はこの一文をPickUP!

彼女は今年、ボストン(Boston)のハーバードビジネススクール(Harvard Business School)を出てるはずだよ。

作文例
She's supposed to have graduated from the Harvard Business School in Boston this year.
ぶちょーの作文
She (B)must graduate from Harvard Business School in Boston this year.
添削結果
She (B)must have graduated from Harvard Business School in Boston this year.

<先生のコメント>

(B)の箇所ですが、 She (B)must graduate from Harvard Business School in Boston this year と表した場合、このmustは「~しなければならない」という意味を表し「卒業しなければならない」という意味を表します。

ここでは「出てるはずだよ」とあるのでmust have+過去分詞を使って表すことができます。 これは過去において「~だったに違いない」という意味を表します。
例: I must have been asleep, I didn’t hear your footsteps
「私は眠っていたに違いない、あなたの蘆尾をが聞こえなかったから」
よって今回の文で、
She must have graduated from Harvard Business School in Boston this year
「彼女は今年ボストンのハーバードビジネススクールを卒業したに違いない」
という意味で表すことができます。

最近、無心で英文を書いていることが多いです。
日本文をみて、その意味を読み取って英語を書くわけですが、昔よりスラスラ書いています。

今回の場合、「のはずである」をmustで書いたまではよかったのですが、must +現在形だとしなければならないという文字通りの意味になってしまうことを全く意識できていませんでしたね。

冠詞と時制のCheckをすることを忘れています。 書いて満足していますね・・・。

提出ボタンを押す前の冠詞、時制Checkを実施します!

ではでは!


こちらが、ぶちょーの日々鍛錬サイトです。
英作文のフルーツフルイングリッシュ英作文のフルーツフルイングリッシュ

Review記事はこちらです!
www.bucholog.com