BuchoLOG Global

シンガポール駐在員の英語習得の取り組みやあまり知られていない海外情報を伝えるブログ

毎日英作文!Vol.27 主語を見誤ると、構文がガタガタになる良い例を示します

f:id:bucholog:20180216215007j:plain

Fruitful Englishの添削結果から学びをシェアするシリーズ Vol.27

www.bucholog.com

英作文のフルーツフルイングリッシュ英作文のフルーツフルイングリッシュ


みなさん、こんばんは。
Fruitful Englishの英作文でWritingのスキルアップを目論むシンガポール駐在中のぶちょーでございます。

本シリーズVol.27です。
さて今日はこの一文をPickUP!

発送と税関の費用は誰が負担しますか?

作文例
Who covers the shipping/customs charges?
ぶちょーの作文
Which will (F)the expense of transportation and tax be paid(F)?
添削結果
Which will (F)pay the expense of transportation and tax(F)?

<K先生のコメント>

(F)のWhich will the expense of transportation and tax be paidでは文構成が適正ではありません。 この'which'というのは「人」、つまりどちらが払いますか?という意味の文になるので、"Which will pay ~?”の文構成で表すのが適正です。

文法的に致命的なミスを犯しました。

反省しますと、「どららによって支払われますか」という意味でイメージができていたと思います。

ですが、Whichで始めている時点で、「どちらによって」の意味は消失しており、すでに構文が破綻しています。

作文例は、whoで始めており、この方が組み立てやすいかもしれません。

主語を間違えると、構文を誤る可能性がありますね!

ではでは!


こちらが、ぶちょーの日々鍛錬サイトです。
英作文のフルーツフルイングリッシュ英作文のフルーツフルイングリッシュ

Review記事はこちらです!
www.bucholog.com