BuchoLOG Global

シンガポール駐在員の英語習得の取り組みやあまり知られていない海外情報を伝えるブログ

毎日英作文!Vol.29 "Next batter-----, Mr. Ichi---ro -----!!"は英語としては間違いです!

f:id:bucholog:20180216215007j:plain

Fruitful Englishの添削結果から学びをシェアするシリーズ Vol.29

www.bucholog.com

英作文のフルーツフルイングリッシュ英作文のフルーツフルイングリッシュ


みなさん、こんばんは。
Fruitful Englishの英作文でWritingのスキルアップを目論むシンガポール駐在中のぶちょーでございます。

本シリーズVol.29です。
さて今日はこの一文をPickUP!

イチロウ様からの連絡をいただき嬉しいです。

作文例
Hi Ichiro, Great to hear from you!
ぶちょーの作文
I am pleased to hear from (A)Mr(B). Ichiro.
添削結果
I am pleased to hear from (A)you(B), Ichiro.

<A2先生のコメント>

まず、Mr. Ichiroのように、first nameにMr., Missなどを使うことは、基本的にはされませんね。
基本的には、last nameに使います。

マリナーズのイチロー選手が「Mr. Ichiro--!!」ってアナウンスされていたのを思い出し、全く疑いなく自信を持ってMr. Ichiroと書きました!

でも間違いです!

解答と解説を見れば、「そうだよね、その通りだよね」って思えます・・・。 しかし、間違えるんですよね。

昨日疑問に思った短縮形の話

そうそう、昨日疑問に思った短縮形の修正ですが、今回も別の文にて、I didn't をI did notと修正されていました。

解説はありませんでしたが、自分で調べたところ、大学の論文などではdidn't don'tは使用不可となっているようです。

また、一般的にも書き言葉としては、このような短縮形は使わないようです。

言われてみれば、文書類でこのような短縮形を見たことがほとんどありません。

学校の英語筆記試験にて、短縮形で解答を書かせるのは、英語の原則に反しているのですね。

テストでは、

口語では使いますが、書き言葉では使いません。今回は書かせるのは、あくまでテストのためです。

という断り書きが必要ですね。

いい勉強しました。

ではでは!


こちらが、ぶちょーの日々鍛錬サイトです。
英作文のフルーツフルイングリッシュ英作文のフルーツフルイングリッシュ

Review記事はこちらです!
www.bucholog.com