BuchoLOG Global

シンガポール駐在員の英語習得の取り組みやあまり知られていない海外情報を伝えるブログ

英作文は素直に書くのが王道! Vol.37

f:id:bucholog:20180216215007j:plain

英作文は素直に書くのが王道です。

今回の課題レベルになりますと、なかなか進歩が見られなくなります。

みなさんもぜひ挑戦してみてください。

以前このシステムを担当したのが御社ということもあり、設定変更もそちらでお願いしたいと思います。

作文例
As your company was previously responsible for our systems, we would like you to be responsible for managing our servers as well.

わたしの作文
(B)You had experienced this system, so we would like you to (C)do the setting change(C) as well.

添削結果
(B)We had experienced this system with you, so we would like you to (C)change the setting(C) as well.

今回はわたしのお気に入りの先生であるA先生の添削でした。

<解説>

テキスト3ですが、experience を使っての表現、大変スマートだと思います。

ただ書かれた英文ですと、「あなたはこのシステムを経験したので」というニュアンスになりますので、we have experienced this system with you (before) とされてはいかがでしょうか?

「(以前・これまでに)御社でこのシステムを経験した(利用した)ことがあるので」というニュアンスです。

so ではなく since から始める文章でもいいと思います。

例)Since we have experienced this system with you, we ~ .

これはなかなか難しいですね!
ニュアンス出しの適正化といったところでしょうか。

実は、作文例のように、As your company was...で書き始めようと思ったんですけどね。

なんか直訳っぽくやめてしまいました。

(C)の部分は、添削結果の方が語数が少なく、伝わりやすいです!


ではでは!



こちらがわたしの鍛錬サイトです。
英作文のフルーツフルイングリッシュ英作文のフルーツフルイングリッシュ

Review記事は、英作文添削サイト「Fruitful English(FE:フルーツフルイングリッシュ)」のいいところ、悪いところをまとめてみました!を参考にしてください。

英語を話す力も鍛えたい!そんな方は・・・
Engish Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒させる試みを開始しています!のReviewを参考に。