BuchoLOG Global

シンガポール駐在員の英語習得の取り組みやあまり知られていない海外情報を伝えるブログ

冠詞の間違いを防ぐよい方法とは Vol.49

f:id:bucholog:20180422015512p:plain 英作文をする際、多くの人が間違えてしまう冠詞。わたしも例外ではありません。今回の英作文の添削結果を通して、間違いをできるだけ少なくするポイントを共有したいと思います。

注文番号1111の現在の注文状況について教えてください。


作文例
I would like to know the current status of my order #1111.

わたしの作文
Could you please let me know about (A)current order status of No. 1111?

添削結果
Could you please let me know about (A)the current order status of No. 1111?

(A)では、「状況」statusは不可算名詞ですが、具体的である場合は可算名詞扱いになります。

今回の文では、具体的に「現在の注文状況」を差し表しているので、定冠詞theが必要になります。

冠詞はa, an, theの3種類しかないにも関わらず、非常に奥が深いです。

aとanは実質ひと種類の不定冠詞ですので、2種類ということになります。

まずは冠詞に関する基本的な文法は習得した上で、英作文した後にもう一度見直しすることでかなりの間違いは防げるとは思います。

この見直しの際のざっくりした判断基準ですが、

・そのもの、ことが限定されていたり、話し相手と同一のものを認識できる場合はthe、それ以外はa/anもしくは無冠詞

これを意識するだけでかなり間違いが減ると思います。

ではでは!



こちらがわたしの日々鍛錬サイトです。
英作文のフルーツフルイングリッシュ英作文のフルーツフルイングリッシュ

Review記事は、英作文添削サイト「Fruitful English(FE:フルーツフルイングリッシュ)」のいいところ、悪いところをまとめてみました!を参考にしてください。


前の記事へ>>>毎日英作文!Vol.48 expect(期待する)に続く前置詞の使い方

英語を話す力も鍛えたい!そんな方は・・・
Engish Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒させる試みを開始しています!のReviewを参考に!