BuchoLOG Global

シンガポール駐在員の英語習得の取り組みやあまり知られていない海外情報を伝えるブログ

availableとpossible の使い分け Vol.78

何気なく、用法をしっかり抑えずに適当に使ってしまいがちなavailableとpossible。

わたしがいい感じで間違えましたので、よい学習材料ができました。

では課題です。

本日都合が悪い場合は、明日の午前中、10分程度状況確認のために打ち合わせすることは可能でしょうか?

f:id:bucholog:20180711080017p:plain

作文例
If today is inconvenient for you, what do you say to having a 10-minute meeting to confirm the situation tomorrow morning?

わたしの作文
If you are (F)inconvenient today, is it (G)available to have (H)discussing (I)for the current status (J)in 10 minutes?

添削結果
If you are (F)not available today, is it (G)possible to have (H)a meeting (J)for 10 minutes (I)to confirm the current status ?

<解説>
(F)の部分では、人が主語の場合ですのでavailableの方を使います。

(G)は、文字通りpossibleがよいです。

(H)(I)(J)の部分ですが、haveで表現するのであればhave a meeting/have (a) discussionなどがいいです。

また、「10分程度」は話し合いの修飾になるので前に持ってきます。

to confirmの訳出が抜けているので、書き下しが必要です。

ではでは。

前の記事へ>>>~を楽しみにしている=look forward toの正しい使い方 Vol.77

いままでの英作文をカテゴリー別に整理してます。>>英作文のコツ 記事一覧



こちらがわたしの鍛錬サイトです。
英作文のフルーツフルイングリッシュ英作文のフルーツフルイングリッシュ

Review記事は、英作文添削サイト「Fruitful English(FE:フルーツフルイングリッシュ)」のいいところ、悪いところをまとめてみました!を参考にしてください。

英語を話す力も鍛えたい!そんな方は・・・
Engish Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒させる試みを開始しています!のReviewを参考に。