BuchoLOG Global

シンガポール駐在員のニッチな海外情報を伝えるブログはやめて、体脂肪カットダイエットと実用的な英語習得の取り組みに関するブログになりました。

日本のゴールデンウィークを英文で正しく表現しよう Vol.86

今回は日本でおなじみのゴールデンウィークを使った英訳になります。

日本語英語なので、英語として正確に使うことを考えると、難しいかもしれません。

では課題です。

母がゴールデンウィークは何日か温泉で過ごそうと言い出した。

f:id:bucholog:20180730231956p:plain

作文例
My mother suggested that we spend a few days at a hot spring over the Golden Week holiday.

わたしの作文
My mother suggested that we should stay at a hot spring for several days during (A)golden week(A).

添削結果
My mother suggested that we should stay at a hot spring for several days during (A)the Golden Week holiday(A).

<解説>
ゴールデンウィークは、the Golden Week holiday/s と表すのが良いですね。

「いくつかの祝日が連続している」と解釈するなら holidays、連休を1つの「休日期間」と捉えるなら holiday となります。

"golden week" ですと、「金色の週末」といった解釈になり、意味が変わってしまいます。

そこで固有名詞化して、大文字でGolden Weekと表します。

また、「日本のあのゴールデンウィーク」と予測できますので、the をつけて、"the Golden Week" としても誤りではありませんが、ゴールデンウィークが何であるかを知らない人にとっては少々不親切になります(日本だけで用いられる用語だからです)。

よって、一番丁寧なのは、the Golden Week holiday 又は the Golden Week holidays となります。

「holidayに関する予備知識」

上の作文例では、Golden Week holidayと単数になっていますが、holidayを単数にするか複数にするかで悩みんだ方もいるかもしれません。

厳密には1985年以前はいくつかの国民祝日が同じ時期に飛び飛びにかたまっていましたので「飛び石連休」などと言っていましたが、その後、「国民の祝日に関する法律」ができて4月29日から5月5日までの7日間を指すようになりました。

よって、いくつかの祝日が連続している、と解釈すれば "Golden Week holidays" と言えますし、7日間を一つの「休日期間」ととらえて "Golden Week holiday" と表現しても誤りではありません。

ではでは。

前の記事へ>>>できるだけ少ない単語数で意味を損なうことなく英訳することを意識しよう Vol.85

いままでの英作文をカテゴリー別に整理してます。>>英作文のコツ 記事一覧



こちらがわたしの鍛錬サイトです。
英作文のフルーツフルイングリッシュ英作文のフルーツフルイングリッシュ

Review記事は、英作文添削サイト「Fruitful English(FE:フルーツフルイングリッシュ)」のいいところ、悪いところをまとめてみました!を参考にしてください。

英語を話す力も鍛えたい!そんな方は・・・
Engish Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒させる試みを開始しています!のReviewを参考に。