BuchoLOG Global

シンガポール駐在員のニッチな海外情報を伝えるブログはやめて、体脂肪カットダイエットと実用的な英語習得の取り組みに関するブログになりました。

さらりと書けますか? 英作というよりも反射的に書けるようになりたい英文 Vol.87

今回は定型フレーズになります。

考えて書くというよりも覚えてしまいましょう!

では課題です。

ご不便をおかけして申し訳ありません。

f:id:bucholog:20180730231957p:plain

作文例
I apologize for the inconvenience.

わたしの作文
I am sorry for (A)inconveniencing you.(A)

添削結果
I am sorry for (A)the inconvenience.(A)

<解説>
~で申し訳ありません「I apologize for ~」

ex)ご不便をおかけして申し訳ございません。
I apologize for the inconvenience.

この場合の冠詞theですが、Inconvenienceは「不便」「迷惑」という意味です。

それ自体で書き手(話して)が読み手・聞き手に対して「ある不便をかけたという事実(共通の経験)」があるわけですので、ある特定の不便という意味で不定冠詞「the」を使うのが適切ということになります。

このフレーズはThank youとおなじレベルで覚えてしまうことをお勧めします!

わたしも覚えて、一回実務で使いました。

ではでは。

前の記事へ>>>日本のゴールデンウィークを英文で正しく表現しよう Vol.86

いままでの英作文をカテゴリー別に整理してます。>>英作文のコツ 記事一覧



こちらがわたしの鍛錬サイトです。
英作文のフルーツフルイングリッシュ英作文のフルーツフルイングリッシュ

Review記事は、英作文添削サイト「Fruitful English(FE:フルーツフルイングリッシュ)」のいいところ、悪いところをまとめてみました!を参考にしてください。

英語を話す力も鍛えたい!そんな方は・・・
Engish Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒させる試みを開始しています!のReviewを参考に。