BuchoLOG Global

シンガポール駐在員のニッチな海外情報を伝えるブログはやめて、体脂肪カットダイエットと実用的な英語習得の取り組みに関するブログになりました。

英文法

すっかり忘れていた間接話法と直接話法という文法 Vol.95

今日は、とある政治家の演説の一部を想定した英訳になります。 話し言葉なので、主語を補いながら・・・。 おっとっと・・・・。 ヒントはいけませんね。 では課題です。 彼は「より低くするつもりだ。明るい兆しが見え始めている。」と述べた。 作文例 He s…

受け身+進行形は間違いやすい!? 態は正しく表現しましょう Vol.93

今回は、「あっ!しまった・・・」っていう間違いをしました。 そんな間違いでもしっかり教材にします。 では課題です。 多くの従業員と一部マネージャーから、時折カジュアルな装いをすることができないか尋ねられています。 作文例 Many employees and som…

「〜だったのに!!」という過去の出来事を悔やむ表現  Vol.89

前回の課題、「コーヒーを入れさせられた!」に続く課題になります。 使役動詞get / have / let / makeの使い分け、今一度確認しておきましょう Vol.88 主人公は、まわりには自分よりも若い人がいたにもかかわらず、自分がコーヒー入れをやらされたことに対…

will と be going to の違い Vol.84

今回の課題は、暗唱するのも苦でないくらい短い文章です。 しかしどんなに短くても、学びはあるものです。 今回も気づきがありましたので、まとめておきます。 では課題です。 読み終えたらお知らせします。 作文例 I'll let you know when I read it throug…

時制の重複表現をしてはいけない Vol.81

今回は、重複表現はダメですよという例です。 表題では、「時制の重複」と書いているのですが、この表現が適切でないような気もします・・・。 ポイントは、日本語の意味をバカ丁寧にとりすぎて、英語で二重に表現してしまう間違いをしました・・・・という…

theをつけない最上級 Vol.75

最上級の英文でパッと頭に浮かぶのが、 the + 形容詞est とか the most + 形容詞 ですよね? 今回の課題は、タイトルどおりthe を使わない最上級になります。 種明かし気味ですが、ぜひ英訳してから解説を読んでみてください。 ルート3(Route 3)では、「…

冠詞の選択が難しい英作文 Vol.71

今回の課題は、冠詞です。 勘で書くのではなく、理由を説明できるようにして書いてみてください。 桜の咲く季節は日本にとってはお祝いの時なのです。 作文例 The cherry-blossoming season is a time of celebration for Japan. わたしの作文 (A)Cherry blo…

仮定法の「後悔」表現をマスターしよう Vol.70

今回の課題は、思いっきり後悔の気持ちが現れる内容になっています。 「ボーナスが出たので思い切って34インチのLCDテレビを買ったら、その2週間後にデザインがよく、そしてさらに安いプラズマテレビが発売されてしまった」という背景ありきの一言です。 も…

仮定法 I wishの後ろには希望・願望の意味を表す文章をつけてはならない Vol.69

英語では、一文の中で意味を重複させないことが一般的なルールです。 今回はそんな例になります。 (彼に)もっとしっかりしてほしいのになぁ。 作文例 I wish he would grow up more. わたしの作文 I wish (C)I would like him to be (D)reliable. 添削結果 I…

仮定法なのか未来における条件なのか、しっかり状況を判断して英作文すべし Vol.68

仮定法の課題です。 仮定法の英文を連続して書いていると、いきおいで条件節も仮定法で書いてしまうミスが出ます。 (いや、みなさんはそうならないかもしれません・・・・。) 今回はここで先にヒントを出していますからね。 (いや、ヒントがなくても大丈…

分詞構文のつくり方 Vol.65

久しぶりに分詞構文で書いてみましたが、結構基礎文法を忘れていることに気がつきました。 これを機に、久しぶりの方は記憶を掘り起こしてください。 山小屋に到着したとき、ようやく空が晴れ始めた。 作文例 On my arriving at the mountain hut, the sky f…

関係代名詞 which / that の語感の差について Vol.64

関係代名詞のwhich / thatは文法的には両方使えるケースでも、どちらを使うかでニュアンスが変わります。 今回はそんなTIPSが入っています。 課題文では、関係代名詞whatの細かいニュアンスを確認しています。 ではみていきましょう。 従業員の人たちがね、…

比較を表すのにprefer to を使う表現 Vol.59

今回の英作文はまちがいではないのですが、添削にて紹介してもらった代替文の方が英語らしいと思ったので紹介します。 猫より犬を好きな人は多い。 作文例 Many people prefer dogs over cats. わたしの作文 (A)Those who like dogs are more than those who…

時や条件を表す副詞節における現在完了形の使い方 Vol.51

時や条件を表す副詞節の時制ってどのように書いたらよいか迷いませんか? わたしも理解が不足していたのですが、ようやくすっきりしました。そこでわたしの英作文の添削結果を通してその内容をお伝えしようと思います。 急な予定の変更により、アメリカ側か…

冠詞の間違いを防ぐよい方法とは Vol.49

英作文をする際、多くの人が間違えてしまう冠詞。わたしも例外ではありません。今回の英作文の添削結果を通して、間違いをできるだけ少なくするポイントを共有したいと思います。 注文番号1111の現在の注文状況について教えてください。 作文例 I would like…

関係代名詞の二重使用について Vol.41

今回は、一文の中に関係代名詞を重ねて使うと、英文の意味がわかりにくくなる例を伝えます。 フルーツフルホテル(the Fruitful Hotel)は4月21日から25日までの間、Cenquest社の販売員約100名用の会議室と宿泊施設を提供することができますでしょうか? 作文…

自己紹介文、自分の詳細を説明をする際、関係代名詞whoで追加してはいけません Vol.39

4月からこちらで働かせていただくぶちょー(bucho)といいます。 作文例 My name is Ichiro Kajitsu, I will be working here from this April. わたしの作文 I am bucho, (A)who start to work(A) here from (B)Arpil. 添削結果 I am bucho, (A)I will be w…

助動詞のwould、基本的には丁寧さを演出する助動詞だが、むしろ使用しないほうが良いケースもある! Vol.35

助動詞のwould、基本的には丁寧さを演出する助動詞だが、むしろ使用しないほうが良いケースもあります。 今回の課題はこの点に注目したいと思います。 ご指摘の件ごもっともです。 作文例 Thanks for pointing this matter out. わたしの作文 You (B)would b…

助動詞にWillとCanの使い方を迷った場合 Vol.33

この課題文の場合、助動詞はWillとCan、どちらを使いますか? まず、課題文の前に前提を伝えておきます。 背景として、ある会社が自社の支払い条件について説明する文です。 残金は1ヶ月以内に送金するか、次回の予約手付金と一緒に支払います。(どちらか…

能動態と受動態、どちらで書くのが適切か判断が難しい例題 Vol.32

今回の課題は、能動態と受動態、どちらで書くのが適切か判断が難しい例題になります。 弊社の顧客は、全員旅行保険を持っています。これにより価格は変更(値下げ)になりますか? 作文例 All our clients have travel insurance. Will this change (reduce) y…

集合体に対する冠詞の使い方 Vol.19

冠詞の問題は非常に難しいですね。 リライトしている中でも、冠詞を話題にあげているものがいくつかあります。 今回のポイントは、集合体に対する冠詞になります。 メールを頂き、また弊社製品に興味を持っていただきましてありがとうございます。 作文例 Th…

「~かどうか」、Whetherとifの使い分け Vol.16

今週の金曜日5時までに、私たちのオフォーを受け入れるかどうか知らせる必要があります。 作文例 You will be required to inform us whether or not you will take our offer by 5, this coming Friday. わたしの作文 You need to let us know (B)to receiv…

「〜になるほど、もっと◯◯になる」the + 比較級構文 Vol.4

ふるさと納税(Hometown Tax Donation Program)」の話題でした。 「これは日本政府による税の優遇制度で、 自分が選んだどの地方自治体にもお金を寄付することができます。 納税者は、お返しに、所得税と住民税の一部が控除されます。 さらに、感謝の印とし…

能動態、受動態の選び方 Vol.1

能動態、受動態の書き替え問題は、中学高校時代によく練習問題としてやった方も多いと思います。 そして、今現在中学生、高校生の方はそのような練習をたくさんやっているかもしれません。 わたしが中学高校時代にはよく理解していなかったことがわかりまし…