BuchoLOG Global

シンガポール駐在員のニッチな海外情報を伝えるブログはやめて、体脂肪カットダイエットと実用的な英語習得の取り組みに関するブログになりました。

「マンガで身につく 多動力」を読んで気づいたこと

だいぶ前ですがTwitterでホリエモン自身が「この本は面白い!」って紹介していたので、Kindleで読んでみました。

相変わらずサラリーマン殺しの文言がたくさんあり、楽しく読むことができました。

わたし、がっつりサラリーマンです^^

なかでも、この1ページ、ハッとしました。
なぜなら、どこかで似たようなやりとりがあったよなーと思ったからです。

f:id:bucholog:20180916223226j:plain
そしたら、

自分でした!

www.bucholog.com

わたし、ホリエモンをモデルにした登場人物の堀口さんっぽいかなんて思ってみたり・・・・。
自分はひょっとしたらサラリーマンに向いてないかも知れないなんて思ってみたり・・・・・。

はい、うそです・・・・。

フリーランスも向いていないと思います。
自分が何に向いているのかさえ、まだわかっておりません・・・。

「人生に目標がない」という部分にはいささか異を唱えたいですし、「会社で働くことに目標なんてあるのか?」という部分にも違和感はありますが(笑)

自分の時間を大切にして毎日楽しく過ごす

のは賛成。


若い人たちが悪しき慣習の企業勤めをどんどんしなくなると、この世はどのようにシフトしていくのかはなかなか興味深いです。

全員が全員、ホリエモンのようにはなれないでしょうがある程度の数は見込めるでしょうね。(たぶん)

気に入った項は、 「3つの肩書きを持てば、あなたの価値は1万倍になる」 でしたね。

技術士 x トライアスリート x マッチョ?・・・・
いいかもしれません。

いろいろなことを思うことができる漫画でした。

1つくらいは「おっ」と思えることがあると思います。(お約束はできません)

短時間で読み切れるので読んでみてもよいかもしれません。(わたしはホリエモンのファンではありません。)

ではでは!