BuchoLOG Global

シンガポール駐在員のニッチな海外情報を伝えるブログはやめて、体脂肪カットダイエットと実用的な英語習得の取り組みに関するブログになりました。

「頂戴します/いただきます」と「お預かりします」の使い分け、大丈夫ですか?

f:id:bucholog:20180216215048j:plain

最近は代金を支払うときに、カードや電子マネーが多くなってます。もうほとんど現金支払いはありません。

カードや電子マネーが使えないとき、もしくはカード払いだと手数料が10%つく場合などは、仕方なく現金で支払います。

このような感じで、レジにて現金で支払うときの話です。

レジでのとある会話

8000円の品物を買うのに、1万円札を出した場合、
「1万円お預かりします」
これはいいです。

たまに「1万円からお預かりします」って言われると、その「から」はなんだ?って毎度思ってしまいます。

しかし、これは愛嬌ということで、「?」は頭からすぐにいなくなります。

8000円の品物を買うのに、8000円ちょうどで支払った場合、
「8000円お預かりします」

これはアウトです。

正しくは「8000円(ちょうど)いただきます」です。

この間違いに違和感を持ち始めたのは、中学2年生くらいの頃から。
このときに、「預かったなら、いくらか金返してくれるのかな」って思ったものです。

今では、これを聞くたびに「レジの教育係にしっかり教育されなかったんだね、あなたは・・・かわいそうに・・・」って思います。

だいぶ前の話ではありますが、シンガポールの大阪王将で代金を支払うとき、小銭を軽くしたいこともあり、現金で支払いました。
(通常はカード決済しています!)

金額ぴったりで支払ったんですが、日本語が少し話せるシンガポーリアンの店員、

「25ドル、ちょうどいただきます」

って少し訛りがあるものの、正しく言ってました。

おつりがあるバージョンは聞いていませんが、そのときには、お預かりしますって言えることと思います。

いやーびっくりしました。

日本人には日本語で対応しようとするホスピタリティー、日本語の正しい使い分けを学び、実践する意識、そして教育者も。
外国人でも正しく使ってますよ、それも海外で。

ですので、日本人がこの間違いをすると、心からガッカリしてしまうのです。
日本で日本人が間違えないようにしていただきたいですね!

いつしか外国人に指摘されてしまわないように!

ではでは。

自分のHN(ハンドルネーム)に「さん」をつけられると、呼び方に悩まされる件

歯ブラシの貸し借り、当時は冗談ごとだったが実は危険だった!!

行動経済学「現状維持バイアス」のもっとも身近な例について