BuchoLOG Global

シンガポール駐在員のニッチな海外情報を伝えるブログはやめて、体脂肪カットダイエットと実用的な英語習得の取り組みに関するブログになりました。

歯ブラシの貸し借り、当時は冗談ごとだったが実は危険だった!!

f:id:bucholog:20180218031033j:plain

ものの貸し借り問題について

たいていの場合、友達に「もの」を貸してくれって言われたら、たいてい断らないですよね。

よっぽどのお気に入りや大切にしているものは別にして、汎用品であればです。 貸したとしても返ってくるでしょうし、減るものでもない・・・・。

でも、わたしが人生の中で断ったことがあるものが2つあります。 そして、それは同時に起きました。

大学生の時、アメリカンフットボールの練習試合前に、チームメイトのA君宅に前泊した時の話です。 チームメイトH君は、何やら忘れ物をしたようでした。

そして、彼がわたしにお願いしたのは、

H君 :「ぶちょーちゃんよー、歯ブラシ貸してくれ」

何かを聞き間違えたかと思い、わたしは聞き直しました。

ぶちょー :「はい???」

H君 :「だからさー、歯ブラシ忘れたから貸してくんねー?」

ぶちょー : 「絶対やだっ」

そうこうしているうちに、H君は別のものを貸してくれと言ってきました。

H君 :「じゃあさー、パンツ貸してくんねー?」

ぶちょー :「じゃあさーじゃないよ。それも嫌だ。ってか、何もお泊りグッズを用意してないのかよ?」

H君 :「まー借りようと思ってたし・・・・」

ぶちょー :「おいおい・・・・」

H君 :「なんなら、そのままくれてもいいぜっ?」

ぶちょー :「・・・・・・」

A君にも聞いてましたが、彼の望みは通ってませんでした。

超おもしろいやつで、仲良かったので、H君のことは大好きなんですけどね。 残念ながら、所望のアイテムを貸してあげることも、そして贈与することもなかったですね。

ここまではエピソードなのですが、最近ギョッとする記事を見つけました。

dental-matome.com

ま、わたしは家族でも嫌だと思いますが、中にはこんな事例もあるようですね・・・・。

病気になりたくなかったら、歯ブラシの貸し借りは厳禁ですよ!

ではでは。

自分のHN(ハンドルネーム)に「さん」をつけられると、呼び方に悩まされる件

「頂戴します/いただきます」と「お預かりします」の使い分け、大丈夫ですか?

行動経済学「現状維持バイアス」のもっとも身近な例について