BuchoLOG Global

シンガポール駐在員のニッチな海外情報を伝えるブログはやめて、体脂肪カットダイエットと実用的な英語習得の取り組みに関するブログになりました。

ま、まさか!?シンガポールの男子トイレにホースがある理由

f:id:bucholog:20180223214920j:plain

わたし、数カ国の国を訪れてトイレを使っていますが、なんと言っても日本が世界一でQualityです。

日本は、全般的にトイレの清潔感が飛びぬけています。
人がたくさん出入りするようなところはだいぶ整ってきました。

公衆トイレでも、家庭でも、ウォシュレットなるものは、必須アイテムとなっており、 もうこれなしでは、安心して用を足せない方も多いのではないでしょうか。

さて、今回はシンガポールのトイレ事情を語ります。

お食事中の方は、気分を害される可能性がございますので、終了次第読んていただけると幸いです。
よろしくお願いします!

女性用のトイレはわかりません。
男性用トイレ限定で、「大」側に着目します。

男性用トイレの「大」

ぱっと見ると、日本では見慣れないホースがついていますよね。
ノズル状になっていまして、コックで水圧を調節し、水を噴射することができます。

当初、わたしはこのホースの用途を、「流しても便器の中に留まろうとする『大』の痕跡を、その水圧でもって除去する」ためのものと思っておりました。

ですので、わたしが「大」に臨むときには、とてもきれいな便器に仕上がっています。 ピッカピッカです。
これがこちらでのマナーのようです。


ある日のこと、「大」の反対側で「小」をしているときの話です。

誰かが「大」を使用していたのですが、どうもホースで水を噴射している時の「音」が違うのです。

便器を流している音ではないのです。

はい、そうです・・・。
わかりましたか?

それは、人間の「大」の出口を、そのホース噴射でやっつけている音でした。

あのホースの主機能は、日本のウォシュレットだったのです!

わたしもウォシュレット愛用家でしたから、ホースのお世話になることを決めました。

ところが、この「新型ウォシュレット」はハンドリングが難しく、このノウハウを身につけるのに時間かかりました。
(このノウハウをここに書いたところで、完全にニーズがないと思いますので割愛します。)

ひとつ問題がありまして、この写真左側のトイレを使っているときに、向かって右側の人がホースを使うと、床もきれいにしているのか、排水がこちらに進入してきます。 f:id:bucholog:20180223214921j:plain

サンダルで「大」をすることが多いので、このときばかりは毎回おびえています。

下の空間がなければいいのにーと毎度思います。 f:id:bucholog:20180223214922j:plain

気がかりなのは、見てわかりますように、その水噴射の守備範囲がとても広いことです。 便器のみならず、床まで噴射するのが慣習のようです。

水浸しがノーマル状態です!

最初に利用するときには、色々驚くかもしれません。
隣からの排水には特に気をつけてくださいね。

ではでは。

ダイバーシティ職場での不快な職場環境を改善する方法(導入編)

ダイバーシティ職場での不快な職場環境を改善する方法(Mr.Jのゲップ前編)

ダイバーシティ職場での不快な職場環境を改善する方法(Mr.Jのゲップ後編)

ダイバーシティ職場での不快な職場環境を改善する方法(Mr.J お口クチュチュ編)

マレーシアンのハイチュウ(HI-CHEW)の食べ方を注意した話