BuchoLOG Global

シンガポール駐在員のニッチな海外情報を伝えるブログはやめて、体脂肪カットダイエットと実用的な英語習得の取り組みに関するブログになりました。

国際的に深刻な悪臭問題を解決したわたしの方法

f:id:bucholog:20180216215723j:plain

今回の話は、本当に書くのを迷いましたが、わたしのからだに異変が起こるほどのトラブルだったので、伝えることにしました。

*気分が悪くなる可能性がございます。心してお読み願います。

新入社員のインド人

クチャクチャハイチュー君と同時期に、角刈りの若いインド人君も入社してきました。

クチャクチャハイチュー君が移動したタイミングで角刈り君も別の部屋に移動したので、当分問題なかったのですが、あるときから彼がDesktop PCを利用するためにわたしの前に座るようになりました。

手前がわたしの机、その前が普段は空いている机です。
写真では、PCがありませんが、以前はありました。
f:id:bucholog:20180223214924j:plain

それから異変が始まりました。

部屋の中が、異臭でとんでもないことになりました。

ひとつはタバコのにおい、この部屋が喫煙ルームになったかのような感じ。

それにもうひとつ、なんか変なにおいが混ざっていました。

なんとも説明難しいのですが、書いてても思い出すだけなのでやめます。

とにかく、わたしに吐き気頭痛が生じ始めました。

当初、クチュ君と角刈り君の二人でPCを使っていた時期もあり、角刈り君のせいだと断定するわけにはいきませんでした。

しかし、彼ひとりで来るようになり、これを確信しました。

わたしは一旦外の空気を吸いに行き、回復を試みます。

でも戻ると、やっぱりダメでした。

MRT乗車時も似たような事件がありましたが、ま、短時間のことです。
悪臭対策必須!シンガポールでは、ハンカチを一枚必ず持って外出すべし!

しかし、今回はわたしのWorkplaceで起きています。 距離感はもう把握されていることと思います。

いやーこれにはさすがに参りました。
クチャ君サウンドは、わたしのグローバル閾値を超えただけでしたが、今回は体がおかしくなってます。

クチャ君には威厳を持って、その旨伝えることができました。

しかし今回の場合は本人に臭いとはいえません。

そこで、わたしのとった対策とは・・・・・。

角刈り君のトレーナーであるMr.J(あのMr.J:同一人物です)にメールで相談しました。

座席が隣なのにメールするという気遣いです。

Mr. Jのことを詳しくお知りになりたい場合には、過去の記事をご確認願います。
あの「クチュクチュごっくんのMr. J」でございます。

ダイバーシティ職場での不快な職場環境を改善する方法(Mr.Jのゲップ前編)

ダイバーシティ職場での不快な職場環境を改善する方法(Mr.Jのゲップ後編)

Mr.J

Could you make laptop which set in front of me move to another place?

Because Kaku-gari, who is new comer, bring "smoke(tabacco) smell and additional strange smell"...

I don't have any right to inhibit smoking, and surely I won't to do so, but my sense of smell is sensitive.

Due to very close distance, the smell won't leave me....I'm bad....I'm dizzy....

I just suggested one of countermeasures, but if you have another one, please address this situation....

Thanks.

Bucho

念のため、日本語訳を入れます。

Mr.J

わたしの前にあるデスクトップPCを別のところに移動させてほしいのですが。

何でかって言うと、新人の角刈り君がタバコのにおいと、そしてもうひとつ変な臭いを持ってくるんですよ。

わたしにはタバコを禁じる権利はないし、そのように言うつもりもないのですが、わたしの鼻が敏感でしてね・・・。

距離が超近いこともあり、そのにおいがわたしから離れてくれません。 そのせいで気分悪く、吐き気まで・・・。

わたしはひとつの改善方法を提示してだけなので、他にあればそれで解決してくれてもよいです。

よろしく。

ぶちょー

事の重大さを理解してくれたMr.Jは、このメールの後、かなり早い段階でPCを空きスペースに移動してくれました。

「あの匂いは確かにわたしもつらい」ってMr.Jが言ってました。

まとめ

この手の問題は、アクションを起こさないととんでもない被害を受けます。
そして状況が改善するように動いたほうが良いこともわかりました。

色々経験したことにより、改善するまでの時間が早くなったわたしは、さらにグローバリゼーションが進みました。

国際的な匂いの問題には、国際的な協力が必要です。
なんとかその協力者を見つけて、解決できるように図りましょう。

ではでは。

ま、まさか!?シンガポールの男子トイレにホースがある理由

マレーシアンのハイチュウ(HI-CHEW)の食べ方を注意した話

シンガポールのローカルエアコン掃除会社の実態とそのトラブルへの心構え