BuchoLOG Global

シンガポール駐在員のニッチな海外情報を伝えるブログはやめて、体脂肪カットダイエットと実用的な英語習得の取り組みに関するブログになりました。

MRT(シンガポールの電車)に乗る場合、薄手長袖の羽織ものを持参することをお勧めします!

先日、MRTに乗った際、混んでいたことと、自分が降りる駅が当分先立ったこともあり、いつもの扉付近ではなく、中のほうに進みました。

扉付近をお勧めする理由はこちらの記事をご覧下さい。
MRT(シンガポール鉄道)での乗り降りのマナーについて--降りる方が先か? 乗る方が先か? 失敗しないポジショニングと乗り方


シンガポールの冷房、結構効いてます。
日中、外は暑いですからね。
20℃くらいの設定でしょうか。

この冷風が直接肌に当たりますと、なんだか体調がおかしくなります。

空いていれば、立っている場所を移動すればすればよいのですが、身動き取れない場合もありますからね。

羽織るものがあると良いです。

と、ここまでは普通のお話なんですが、身動きがとれないで思い出したことがあります。

いつもすみません、インドの方。
たいてい事件はインドの方で起こります。

・・・・・話はさらに遡ります・・・・・

日本人にはあまりいませんが、インドの方、腕の毛がたくましい方が多いのです。

写真は控えますが、言葉で表現するなら、「腕の地肌が見えないくらい毛で覆われている」のです。

あるとき、電車が混んでいた、わたしの腕に、

ふさっ、ふささっ

て、なんとも言えない感触が脳に届きました。

半袖の腕と半袖の腕が接触してしまった場合の

ぴとっ

ではありません。

はい、そうです。

とあるインドの方の毛がたくましい腕と、わたしの腕が接触したわけです・・・。

人間は、音を耳だけでなく、皮膚でも感じることができます。
ユニクロのヒートテックはどんどん改良されて、肌触りがよくなっています。

人間の触覚は重要なのです。

そこに、

ふさっ、ふささっ

です。

Can you imagine it?

わたしは、どわっと鳥肌が立ちました。

もちろん、冷房が直接当たったからではありません。

ぴとっよりも嫌いであることがよくわかりました。

MRTに乗る際は、直冷房だけでなく、このようなことが起こりえます

他人の腕の剛毛が、自分の腕に触れる感触が好きな方を除き、避けたほうが無難です。

羽織るもの、もってMRTに乗ってください。

ではでは。

シンガポール 松發肉骨茶(ソンファーバクテー)必ず食べて欲しい一品です!

ま、まさか!?シンガポールの男子トイレにホースがある理由

シンガポールのローカルエアコン掃除会社の実態とそのトラブルへの心構え

シンガポールの歩行者用の信号、日本と比べて合理的!