BuchoLOG Global

シンガポール駐在員のニッチな海外情報を伝えるブログはやめて、体脂肪カットダイエットと実用的な英語習得の取り組みに関するブログになりました。

検討する、考慮する(consider)の代替表現 Vol.53

f:id:bucholog:20180512144823p:plain

「検討する」、「考慮する」を英語で表現する際、わたしの場合はstudy, review, considerの3つからその場のシチュエーションにあったものを選びます。

今回の課題も、この「考える」の語彙選びがキーポイントになります。

わたしの英作文の添削結果を通してその内容をお伝えしようと思います。

先週の話し合いに関してですが、真剣に考えた末、プランを進めることを決断しました。


作文例
With reference to our talk last week, we've given it some serious thought, and have decided to go forward with the plan.

わたしの作文
Regarding the discussion last week, we decided that our plans will go ahead (A)after considering seriously(A).

添削結果
Regarding the discussion last week, we (A)considered seriously, and decided to go ahead with our plans.(A)

<解説>

the plans will go ahead ですと「計画が進むことを(決めた)」というニュアンスになってしまいます。

[decide to 動詞原形] の形で decide to go ahead withとすると、「~を進めることを決断する」と表すことができます。

”検討する”の表現


consider は [look into]、[give it a thought] に言い換えることが可能です。

look into には「詳しく調べる」という意味があり、何かアクションを起こしたり、決断をする前に、もっと詳細を調べたい場面で使えます。

give it a thought は直訳すると「それに考えることを与える」ですが、「それについて考えてみる」というニュアンスで、比較的はっきりと考えたい意思を伝えられるフレーズです。

例)I think this apartment is perfect for me. It's only 5-minute walk to the station, so....

I will look into it.「詳しく調べて(検討して)みよう。」
I will give it a thought.「検討してみよう。」
I will give it some thought.「ちょっと検討してみよう。」
I will give it another thought.「もう一度、検討してみよう。」


今回の課題の場合、considerでも悪くはないですが、真剣に考えた末=we've given it some serious thought,の表現もよいですね。

検討するといっても、その検討の深さ、ニュアンスの違いによってフレーズを変えるのが好ましいですね。

ではでは。

前の記事へ>>>「結局」「ついに」「とうとう」の意味を表すFinally, after all, at last, eventuallyの使い方 Vol.52



こちらがわたしの鍛錬サイトです。
英作文のフルーツフルイングリッシュ英作文のフルーツフルイングリッシュ

Review記事は、英作文添削サイト「Fruitful English(FE:フルーツフルイングリッシュ)」のいいところ、悪いところをまとめてみました!を参考にしてください。

英語を話す力も鍛えたい!そんな方は・・・
Engish Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒させる試みを開始しています!のReviewを参考に。