BuchoLOG Global

シンガポール駐在員のニッチな海外情報を伝えるブログはやめて、体脂肪カットダイエットと実用的な英語習得の取り組みに関するブログになりました。

書けそうで書けない難しい英作文 Vol.74

今回の英作文は完敗でした。

単語レベルも難しくなく、文章量も短いです。

しかし書けませんでした。

こういう表現はわたしは苦手ですね。

では課題です。

今の私は、もはや昨日までの私ではない。

f:id:bucholog:20180628214842p:plain

作文例
I am no longer what I used to be up till yesterday.

わたしの作文
(E)I at present is not me at previous any longer.

添削結果
(E)I am not that man that I used to be up till yesterday.

<解説> 意味は伝わりますが、少々ぎこちない感じがするとのことでした。

優しいコメントをくださいましたが、全くダメですね。

以下のような表現で書かれてはいかがですかとのことでした。

I am not what I used to be.(男女を問わず)
I am not the man/woman that I used to be. ※that は省略可能です。

どちらも文末に up till yesterday を付ければ「昨日まで」を表すことができます。

また、作文例のように、「もはや~でない」=no longerでも表現できます。

ちょっとひどい英作文でしたので公開するのが恥ずかしかったですが、よい問題でしたのでまとめることにしました。

used to を利用して書くとこのようにきれいに書けるのですね。 「もはや」という日本語に悩みました。

が,しかし!

used toのフレーズを知っていても、英作文での使いこなしは難しい、そんな課題でした!

ではでは。

前の記事へ>>>日本語の体言止めを英文和訳する方法 Vol.73

いままでの英作文をカテゴリー別に整理してます。>>英作文のコツ 記事一覧



こちらがわたしの鍛錬サイトです。
英作文のフルーツフルイングリッシュ英作文のフルーツフルイングリッシュ

Review記事は、英作文添削サイト「Fruitful English(FE:フルーツフルイングリッシュ)」のいいところ、悪いところをまとめてみました!を参考にしてください。

英語を話す力も鍛えたい!そんな方は・・・
Engish Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒させる試みを開始しています!のReviewを参考に。