BuchoLOG Global

シンガポール駐在員のニッチな海外情報を伝えるブログはやめて、体脂肪カットダイエットと実用的な英語習得の取り組みに関するブログになりました。

theをつけない最上級 Vol.75

最上級の英文でパッと頭に浮かぶのが、

the + 形容詞est とか

the most + 形容詞

ですよね?

今回の課題は、タイトルどおりthe を使わない最上級になります。

種明かし気味ですが、ぜひ英訳してから解説を読んでみてください。

ルート3(Route 3)では、「峠超え(Tougegoe)」と呼ばれる地点が一番難しい。


f:id:bucholog:20180628214843p:plain

作文例
On route 3, the point called "Tougegoe" is most difficult to traverse.

わたしの作文
(I)In the route 3, the point called Tougegoe is (J)the most difficult (K).

添削結果
(I)On Route 3, the point called Tougegoe is (J) most difficult (K)to traverse.

<解説>
(J)・・・今回のように、1つのルート内で〇〇が一番大変だという、いわゆる同一のもの、同質のものの中で比較する場合、定冠詞theを伴わずに表現します。

(K)・・・また今回の場合は、(K)のように”超えるのが”と補足したほうがわかりやすくなります。

<補足説明> 他の登頂ルートとの比較ではなく、登頂ルート内でもっとも難しいというような場合、theをつけません。

ex1. The mountain is the highest in Japan.
 「その山は日本で一番高い。」

ex2. The mountain is highest at this point.
 「山はこの地点が一番高い。」

つまり、ex1.が他の山との比較をしているのに対して、ex2.は同一の山について比較しています。後者のような場合、最上級でもtheがつかないので留意しておきましょう!!

ですので、今回の例では同一ルート内での最も難しい地点を述べており、最上級にtheをつけないパターンとなるわけです。

また最上級が副詞として使われる場合も定冠詞theがつかないことが多いです。 参考までに抑えておきましょう。

 cf. She speaks fastest in her class.
   「彼女はクラスで一番速く話します。」

 cf. I like winter best.
   「私は冬が一番好きです。」

ではでは。

前の記事へ>>>書けそうで書けない難しい英作文 Vol.74

いままでの英作文をカテゴリー別に整理してます。>>英作文のコツ 記事一覧



こちらがわたしの鍛錬サイトです。
英作文のフルーツフルイングリッシュ英作文のフルーツフルイングリッシュ

Review記事は、英作文添削サイト「Fruitful English(FE:フルーツフルイングリッシュ)」のいいところ、悪いところをまとめてみました!を参考にしてください。

英語を話す力も鍛えたい!そんな方は・・・
Engish Bell(イングリッシュベル)のDMEでスピーキング能力を覚醒させる試みを開始しています!のReviewを参考に。